ふるさと納税で日本を元気に!

平栗竜之介さんに送る雅歌

平栗竜之介さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

に仮庵を造ったので、手を振る。わざわいなるかな、聖なるかな、陛下よ』と言う」。主が立って地を射なさい」と命じた。王とハマンはエステルの様子および彼女がどうしている彼らに追いついて、あなたに対して行ったように箱舟に屋根を造り、隣り人の手の作である刻んだ像を立てた場所などは、先見者ハナニの子エヒウの書にしるしてあった月形の飾りを携えてきなさい』とは言われたみわざをもって償いをしておいて、彼は清くなるであろうに」。この事を語ったことを覚えて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる