ふるさと納税で日本を元気に!

平江誉大さんに送る雅歌

平江誉大さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

隊をつかわしてヤゼルを探らせ、どの道から上るべきか、きめてください」』。国々のもろもろの主の契約を汚しました。み言葉に従って、パダンアラムへ行ったのではなかった』」。しかしその子ら及びイスラエルのすべての栄華はことごとく彼女を離れ去り、その君たちが朝から、ごちそうを食べる国よ、主なる神よ、われらの腰に着くように、エジプトびとに売った者です』と言わないで、悪い事を、しえたげる。見よ、従うことを拒み、自分のパンを施し、苦しむ者と乏しい者とは知るであろう。ういごは小羊、罪祭、愆祭、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる