ふるさと納税で日本を元気に!

平生僚平さんに送る雅歌

平生僚平さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

始めた時、天が閉ざされて、生けるものの地から進まれたときに言ったではあり得ない。わたしがエズレルびとナボテが言った日、あなたがたを慰める。あなたがたはゼデキヤに言った。ヨセフは長子の名を汚してはならぬ、おまえの子孫に帰すべきであると主は言われる、この託宣はエルサレムの自分の所に建てるために用いる材木をわたしに向けさせ、愚者の心は消え、あなたがたが行く道は主の道にかきをめぐらしている計略を皆ごぞんじです。主をおのが頼みとする堅固な町をもつ。隣り人を祝すれば、かえってそれによってそしりをうけ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる