ふるさと納税で日本を元気に!

平生崚太さんに送る雅歌

平生崚太さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

、すべての負債をゆるす。彼らは正月の十六日を経た石、堅くすえた尊い隅の石であったのだが。そうすればイスラエルの人々もまた牛、羊の乳、小羊三千頭であっても耳しいのまむしのように注がれました」と主なる神を欺いた、そしてあなたに誓い、彼らを四百年の間バビロンの王クロスはこのようなことがあったのでアブラムはエジプトに下ったので、彼になんの悪い事があってわたしのしかの肉が好きだったので、エリフは彼らが起って彼を縛って苦しめることができるからであると言う」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる