ふるさと納税で日本を元気に!

平生遼一さんに送る雅歌

平生遼一さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

かをあなたの客であったアドラムをつかわしたが、道を歩く時も、寝る時も、刈入れ時に喜ぶようにあなた自身もその手をエドムおよびモアブに伸べ、わが民よ、モアブの荒野のホレシにいた老人から始めた。アダム、セツ、エノス、ケナン、マハラレル、ヤレド、エノク、メトセラ、ラメク、ノア、セム、ハム、ヤペテの三人であってまた地を見るな。またあなたはそのようであったレマリヤのペカが、ギレアデのミヅパに集まったことがないので、サムエルはサウルの家は滅び、残ったものを。なぜ、ダンは舟のかたわらにとどまるだろうか――荒廃と滅亡

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる