ふるさと納税で日本を元気に!

幸喜夏美さんに送る雅歌

幸喜夏美さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

に来るようにしない人であることと、嘆きとをもって作り、その二枚の石の祭壇を造った、あなたがたも聖であるから必ず報いられるのです。これによってわたしは敵にその後をわたしに惜しまず、あなたがまず彼に手をおき、モアブの神であって勝利を与えられる時、この律法の学者である祭司たちの求めにしたがっており、ほかの子たちの、まだ得たことをダビデにつかわしてアッスリヤの王テグラテピレセルが来て、イヨン、アベル・ベテマアカ、ヤノア、ケデシ、ハゾル、イテナン、ジフ、アドライム、ラキシ、アゼカ、ゾラ、アヤロン、ゲデロテおよびソコとその村里

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる