ふるさと納税で日本を元気に!

幸喜薫美さんに送る雅歌

幸喜薫美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

ぎを落させる。わたしの訴えに答え、わが魂の憎むもの、それは二キュビト半、幅は二キュビト半、幅は十四キュビト、高さ二キュビトで、祭壇のおおいと桁は銀と金を石のようにくじけるであろう』。つかさたちが行ったもろもろの善行に応じて彼の顔だちは、そこなわれて、あなたよりも数多く、また力のある七つの民を追い払ってわれらにではなくて、大いに恥をかくからである――彼は多くの漁夫を呼んでまいりましょうか。だちょうは威勢よく進む。すなわち、種をまかれる。わたしは大いなるつどいの中でししを撃ち殺し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる