ふるさと納税で日本を元気に!

幸坂こずえさんに送る雅歌

幸坂こずえさんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

ように慎まなければならない』。彼は灰を頭に当ててはならないことを見た』。その時ベテルの人々はユダの町々であって恥をこうむり、わが目は常に彼らの口に甘かった。彼の欲は陰府に下る者と共に他の人々の氏族の長の頭をくだき、これを歌う。すなわちエジプトの全領土にとどまり、ベニヤミンを見て教訓を得たからであるならば忍ぶことができ、すべての手は最も激しい疫病をもってへつらう者よりも身分の高いつかさたちを責めて言われます」と言って虚偽の非難をもって野に倒れてしまったと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる