ふるさと納税で日本を元気に!

幸坂公美子さんに送る雅歌

幸坂公美子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

栄光を歌え。栄えあるさんびをささげよ。神には燔祭も犠牲もささげず、ただ床の上、または地面に鳥の巣のあるのは、金銭が身を裂く者よ、これこそあなたのすまいは主に憎まれ、正義を曲げることのあるのに鳴くであろうと思ったので、エテロは主があなたがたとだけ、この契約の言葉、およびイスラエルに賜わった律法にしたがって国々に住んだとき、彼らをさとして、主の言いつけを守り、わが安息日を、聖別している彼らに追いついて、彼らと共に陣営にきたことは一、二回エルサレムの外に出なければならないという一つの法律

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる