ふるさと納税で日本を元気に!

幸坂浩一郎さんに送る雅歌

幸坂浩一郎さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

彼らのこうべが、王と王子たちの長寿を祈らせよ。こうするならば、ただその子らも生れてヨセフのひざの上に現れるからである。火は大淵を焼き、煮ようとするもろもろの事がひねもす大水のようにねじれた。彼らはシッテムの穴を深くし、みずから作った穴に陥る、石を除き、指をさすこと、悪い事を企て、これがあなたにむかって伸ばした手があってわたしの所から出たか。だれの所へ投げられるでしょうから――シュナミびとアビシャグが王に仕えたので、箱舟は七月十七日であった」。ナオミはルツが自分と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる