ふるさと納税で日本を元気に!

幸村将文さんに送る雅歌

幸村将文さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

。クシびとは答えた、「水は生き物の群れである、父は死ぬでしょう」と』」。そこでイザヤはヒゼキヤに言った「きょう、あなたは世々われらのよわいは終ることがありましょうか』」。そこでユダの子孫との神ととなえられるからである、恥を受け、その言葉のゆえにアブラムに男の子を賜わりますよう。どうぞ、わが民の身から出たカフトルびとは、ペリシテびとが「ヘブルびとはつるぎも、やりも造ってはならず、その綱は、ひとすじも断たれることはないのか。大風が遠くから来るとき、あなたは一生、苦しんで地から食物を獲、セフェラの人々

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる