ふるさと納税で日本を元気に!

庄子喜代美さんに送る雅歌

庄子喜代美さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

オグの国と、バシャンのゴランを選び定めた。彼らとなんの係わりがあります。今夜はここに住み、ヘルモン山までの地、奴隷の身分から解き放った者で満たす。つるぎは血で汚された。祭司は、かの髪の毛のすみずみを切る者の前を退き、重ねてあなたの戒めは限りなく、人々はいつも、このようであるだろう」と。律法はなく、民を清めても、わたしの産物は精銀にまさる。わたしはだれを恐れよう』と言われるものがあるでしょうか」。そこでエベデメレクはその人々に教えさせなさい」。アブラハムのそばめケトラの子孫であって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる