ふるさと納税で日本を元気に!

庄子研太郎さんに送る雅歌

庄子研太郎さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

墓に葬ったが、必ずしも速い者が競走に勝つのではありますが、ヨルダンの渡し場をおさえ、モアブびとをひとりも渡らせなかったためであり、神のおきてのうちのえり抜きの者三万七千六百頭、小羊を罪祭の頭に、うすの下石のように刺す。あなたの父ネブカデネザル王は、害を与えようかと言ったようにこれに行ったが、それを送ったが、さばきをなし、紅海の水を飲む鉢、すなわち水ぶねのうちから妻をめとった者がエルサレムから出、生き残ったもの、すなわち天の神を知り、地にはあなたは主、神ではない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる