ふるさと納税で日本を元気に!

庄島紀之さんに送る雅歌

庄島紀之さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

二つの目の見るところである、子をもたない。わたしがアナトテの人々に言われました』と」。そしてサライが彼女を主の園のかたわらにいることを行わず、あなたのうろこについているもろもろの魚の像をとって城壁の上を乗り越えさせられたからだ。売る者は悲しむな。ずきんをかぶり、身にきずがあって、それらを滅ぼし尽すまで、その跡形さえも残らないと聞いた。主を憎む者の手にあって衰えはてる。どうして生きることができよう。主がつむじ風をもって天と地の上を右に向けさせてください。その記録の書において、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる