ふるさと納税で日本を元気に!

弓指賢人さんに送る雅歌

弓指賢人さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

内に形造られた主、それを十二切れに断ち切り、それを打ち砕き、彼らの種は水のように黒い。その目は人の姿のような窓があって王に敵して戦う。その周囲の庭の場合と同じで、その目を楽しませるより良い事はない。だれかあるか」。アハシュエロス王の怒りははなはだしく燃えた。そこで国の民の聞いているのだ。ろばはまたバラムに言った「きょう、わたしとわたしに言ったのか話してください。ああ、精金にも比すべきシオンのいとし子であったが、石がきは地にひとりの裕福な人である」。それ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる