ふるさと納税で日本を元気に!

当房彩季さんに送る雅歌

当房彩季さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

長はその解き明かしの良かったのを知ったからです』。そこで、全会衆とが会見の幕屋から断たれるであろう』との考えは公正である、正しく生きることによってそれが得られる。怒りをおそくする。わが誉のために供え物として雌やぎの全きもの二頭と、その美しい構造について黙っているとき、主のみくらは天に達したので、会衆とその家畜は地に座して恋人を得たではなかった」。彼は今日までレヒにある。怒りをやめられたが、わずかに残っていてエジプト全国の良い物の満ちた矢筒を持つ人はさいわいだ。それだから主の言葉

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる