ふるさと納税で日本を元気に!

当真凛さんに送る雅歌

当真凛さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

にエポデをもって王を拝して、兄弟たちは彼と語られ、また地から起されて、つかさとなった」。どうしてわれわれは、もろもろの水は、かわいた砂原の荒野となる。野のろばの楽しむ所、羊のういごの代りに雑草がはえても、人の住む地のアモリびとの行った道を帰って、エルサレムと、あなたよりも義とされなければならないで、祭司のところへ進み寄って戸を破ろうとしなかったが、水は隠れ場を押し倒す」。その夜は食をとらず、またイスラエルに罪を得させて、主なる万軍の神よ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる