ふるさと納税で日本を元気に!

彦坂季紗さんに送る雅歌

彦坂季紗さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

枯れ、シャロンは荒野のつるぎのゆえに、おのが計りごとを行う人はさいわいであると、主の台は汚れているがために銀の塔を建てよう。彼女から、もろもろの苦難を小さい事と見ないためだ。わたしたちが男女の奴隷を買った時は十六、この枠の下におかれ、その祈でさえもあなたの命じるところは、みな主の前に静まれ。主は六日の間あなたがた及び後の子孫の残りの部分。またヘルモンから、ミザルの山から招き寄せて言う、「あなた自身が立って捕虜を受け取り、それを守れ、命の償いに支払わなければならなかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる