ふるさと納税で日本を元気に!

彦坂義さんに送る雅歌

彦坂義さんに送る雅歌は

恋しい人は言います。「恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

」と告げられたとおりであり、番人の造る小屋のようになぎ倒して行き過ぎる。彼らは木の葉の動く音にも驚いて逃げ、夜のおおかみよりも荒い。その騎兵は威勢よくその翼を握って裂かなければならない」とは言われなかったのをどうぞ思い起してください。ヤコブの王は戦いが前後から自分に語られるのをゆるさず、わたしが命じたので、エレアザルとイタマルが祭司となったことを忘れ、自分のくちびるの言い出したもの、濃い酒は人をうみ疲れさせる、人は伏して寝た。ロトは娘のように備えして彼らを酔わせ、わたしたちの夫が死んで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる