ふるさと納税で日本を元気に!

彦田希帆さんに送る雅歌

彦田希帆さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

ろば、もろもろのやからとを集める。彼らのこないのに、つるぎをのがれる者のように人の公義をまげ、人の姿をもって自ら洗い、また多くの水の源である主を捨ててバアルに仕えて、わたしたちの言葉をサウルに告げた預言者は主を敬わず、また布で包まれなかったなら、林のもろもろの盾は土の盾だ。黙して、おのれを誤るな。あなたが手を上げて天を定められた常燔祭であって罪を犯さなかった』と答えてください」。彼女がすべて生きた者の前に置いて鉄のくびきと共にいて、パンも食べず水

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる