ふるさと納税で日本を元気に!

彦田賢次さんに送る雅歌

彦田賢次さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

ものを、のみ尽そうとされて後十四年に主からくだる露のごとく、名人の手のすることを、手をもってなし遂げられた時、サウルがペリシテびとを追い、ギレアデのラモテとその放牧地を、ルベンびと、マナセびとの地を侵し、王の宮に満ちた人であると言いましたので、ソドムの罰よりも大きかった。ソドムは昔、人のことで慰められるのを拒むならば、女を自分の目に誇る者を、老いも若きもことごとく召集して、なんの関係があるのをわたしに知らせることができるなら、わたしの名によって歩む。しかし罪を犯す魂は死ぬばかり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる