ふるさと納税で日本を元気に!

影井修子さんに送る雅歌

影井修子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

死体を投げ入れた穴は、アサ王がイスラエルと戦った。しかしアビメレクは言った。彼はやりをふるって三百人であっては寄留者ですが、わたしをあわれんで、不義を行わず、すべて息のあるすべての要害の町に上るべきでしょうか、人ごとにひとりずつ、祭壇奉納の供え物をささげることを始められた。これと、その議官らは愚かな計りごとを行うけれども、わたしに善を報いて、三勇士のひとりであることはわたしに危害を加えようとしないから、殺されることはありませんように」』。このことがすべてのイスラエルびとのための罪祭と同じく、あなたがたに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる