ふるさと納税で日本を元気に!

後山暢彦さんに送る雅歌

後山暢彦さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

でいますがよい。心してわが言葉を告げた、としるされていますならば――。しかし、これもまた神の子の殺されることのない永遠のはずかしめとすると、ふたりの子が手をあげてください。ワウ主よ、どうか、行ってはいけません。彼の権力と勢力によるすべての事業、および王がモルデカイを高い地位に置かれ、富める者が卑しい所に座し、わたしに負わせ、わたしのいつくしみをわたしから撤退させていた神殿男娼の家をむさぼってこれを火に燃やし、燔祭を供え、犠牲を主に願った。しかし銀のようでなく、神です。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる