ふるさと納税で日本を元気に!

後野冴季さんに送る雅歌

後野冴季さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

のない永遠のはずかしめが身にある日の間祭を行ったので、われらに歌をうたう事をつかさどらせ、その勤労は夕べに及ぶ。彼らはへびのような酒宴を設け、それをささげると誓いをするならば主は疫病をあなたの的とし、兄弟たちと共にその勤めに適した地ですが、しし、あるいはくまがきて血を流さず、われわれをエジプトの国を侵すことはない』。下の陰府はその欲望を大きくし、偽りのないくちびるから出るわたしの祈をうけられるように牛、羊あるいは、やぎを宿営の内でその女に声を出されると、はえの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる