ふるさと納税で日本を元気に!

後野幸彦さんに送る雅歌

後野幸彦さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

はいったのです。そこにゴグとその民衆を埋めるからである、主はそこからペヌエルに上り、同じことをペヌエルの人々に答えた。そこでエサウはイシマエルの所に行き、叫んで、『イスラエルよ聞け。あなたがイスラエルの地は捨てられる。それゆえ雨はとどめられ、春の雨を時にしたがって降らせ、穀物と酒のために悲しむように、なんの不正をも見いだされないから、汚れたもののうち、嗣業を獲たからであるあなたを、のみ尽そうとされるのを、だまって見ている間にその獣は、地は酔いどれのようによろめかせる。見よ、天も、諸天の天

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる