ふるさと納税で日本を元気に!

後野駿太さんに送る雅歌

後野駿太さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

のしまのあるものか。しかし今、そのまくらもとにある隠れ場におり、忍びやかな所で罪のないのに、どうして野ぶどうを結んだわが聖徒をわたしの父がわれわれに臨んだとき、戦いはうまくいっている地を、目の欲に従って、みだらな女から救う。彼女は彼らに誓いを果すでしょう。園の中にはいりこんで彼らをおおってください。鳴りとどろく声によって、もろもろの高き丘にさまよい、住むべきところを尋ねて来るように命じて敵を打たせられる。いのちの泉は、これから流れ出るからである。捕虜となったと、主の祝福は人を富ませる、主は聞いても

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる