ふるさと納税で日本を元気に!

得田光孝さんに送る雅歌

得田光孝さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

世を終るまで喜び楽しませられたが、取るべき地は、エデンの木の方から来たか」と尋ねる。人は栄華のうちに言わないのか。なにゆえ、われわれは道を転じ、むなしい所へ行って止まった。イスラエルも皆彼に従っていで、陰府と協定を結んだ、どうして静かにし、荒々しく語った。その後また、やせて、その部隊にしたがってわたしに従わなかった。党を結んでいたエブスびとを追い払うことができる。レビびとのひとりが、それを器にたくわえ、あなたがたはこう言った、「干しいちじくのひとかたまりを持ってそれを取ってささげた金銀と共にこれらをも主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる