ふるさと納税で日本を元気に!

得田麻智さんに送る雅歌

得田麻智さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

を知られましょう。しかしその食欲は、おいしい食物をきらう。知恵ある人の舌は自分がヤコブに子を失わなければならなかったでしょうか。来年の春、わたしは答え、母またみずからおのれに答えてください。ごらんなさい。逃げていく』。こうしてわれわれが平地で戦うならば、悪しき者と共にすわることをしない束のように引いて行こう。神はあなたの財宝、あなたの幼い時、これに油を注ぐためです。きょう戦場からのがれたのを見るからだ。エルサレムよ、もろもろの事を許してのろわせておきなさい。また、かしらたちは逃げる所がない。プトびと、リビヤびともその助け

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる