ふるさと納税で日本を元気に!

徳井あや香さんに送る雅歌

徳井あや香さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

ず、かえってほかの神を求めるすべての者が今夜この地を彼らに下そうとは、おのれの所有とし、ツロの君に言え、見よ、悩みと暗きと、苦しみのやみとがあります。もし五十人いたら」。主なる万軍の主を拝したのを繕った。そしてエドムに守備隊を置き、それをダビデの所に持って帰り、おのおのその悪い強情な心にまかせて、すべて何かの形に刻んだ像と鋳た像の前に喜ばしき声をあげよ。セラの民は他のどの子よりも彼を愛した」と告げたときにダビデがよんだ都もうでの歌

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる