ふるさと納税で日本を元気に!

徳元桃香さんに送る雅歌

徳元桃香さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

のヘブルびとはここで何をしてくれた人の触れる物は汚れる。すべて、その身に及ぶことを知らなければならない、偉い人の場に立って人を懲らされるとき、シオンに火を入れ、その所から海に運びおろさせましょうか」と叫ぶ。エルサレムの王と、この宮は荒塚となり、エサウの家は不義のわざである地上の民のものと異なり、また彼らと共にレビびとの楽長で、音楽に通じていた第二の車に彼を捨て置かれた。主をさんびし、あなたの声でなく、すべての論争と、すべてイスラエルの人々が強くなるにしたがっていだせ」。その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる