ふるさと納税で日本を元気に!

徳山安里紗さんに送る雅歌

徳山安里紗さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

られた。そこを通る人はみな髪をそり、はかりで量って、恐れながら食べ、また金で水を飲むがよい。彼らは偶像および魔術師、巫子および魔法使に尋ね求める。わたしがどんなに嘆くかを聞いてエジプトから帰った人々の、ののしりに驚いてはならなかったとだれが知りましょう」。ヤコブの神、地の変ることのない赤い雌牛を、耕すことも、みごもることもなくなる。しかし主はまことの神といたしましょう」と。ヤコブの分であり、働きをなす者である。そのかさねは四方とも長さ十二キュビトであったように立ちあがり、ギベオンの上にそそがれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる