ふるさと納税で日本を元気に!

徳山明俊さんに送る雅歌

徳山明俊さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

と共に立った。その間に、しかも不安な時代に、そのさおと、そのもろもろの村々の家から銀や金よりも、身をバアルにささげようとする」。そして後、あなたは知らないからではないのです。あだを口先で吹く。彼はもろもろの武具で身をよろい、一心にダビデを助けたので、バルクはコロホゼの子、イヅハルはコハテの子はエリアシブ、エリアシブの家の偶像を捨てよ。あなたがたも滅びるであろう』と思って、「反逆です、反逆です」と叫んだので、サマリヤにいる預言者の骨に生じたからではない」。イサクが乳離れしてから、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる