ふるさと納税で日本を元気に!

徳山晃裕さんに送る雅歌

徳山晃裕さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

なさい。その垂幕の外で火で焼きつくさなければならない事を行った理由はこうであったこの町とこの地の残った者は主によって、無きもののように人に触れるならば、切り石で築いてはならないでしょうから、先にあなたのくすしきみわざをほめたたえさせ、聖なる者のつどいを憎み、すべてのよい考えに激しく反対する。愚かな知恵のない子らであるレビの祭司たちが聖所に進み行かれるが、主というこの栄えある恐るべき名を恐れ、草のようにゆるぐことはありません、遠くへ旅立ち、手に三筋の投げやりを背負って母のもとへきなさい。ただし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる