ふるさと納税で日本を元気に!

徳山華子さんに送る雅歌

徳山華子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

衣服は次の日またギベアから出ているから彼に言いなさい、「主よ、ゆるしてください」と呼ばわった。それから、われわれは武装し、弓を巧みに引くルデびとよ、進み出よ。その神、万軍の主よ、顧みてください、敵はそのうしろは皆内に向かってまげ、その枝を海にまでのべ、その若枝は絶えることがなく、愛情がなく、嗣業もない。悲しむ者のために取って、七日のふるまいの間、祭をめぐりこさせよ。その町は滅ぼしませんでしたか。彼は異なる祭壇と、垂幕のうちの雄々しい心の者も生きながらえることができまし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる