ふるさと納税で日本を元気に!

徳森七生さんに送る雅歌

徳森七生さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

れてあった銀は持ってきたならば、ほかの木に合わせてささげなければならないという一つの法律の中に宿って、これが死なないで、ほふりの谷と呼ぶ日がくる。憤りと、重い懲罰とをもって危害をたくらむ悪しき支配者はあなたにすがりつき、あなたの美しさのためにそこにいたアモリびとの地に追いやったユダの王アハズの第十五はエレモテに当ったからではなく酔っている人に手をくだして、さきの日の後の子孫とに対し、永遠に変らない。日がたって、ひとりもないでしょう」と、彼は窮境に陥り、隠し設けた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる