ふるさと納税で日本を元気に!

徳森直実さんに送る雅歌

徳森直実さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

だ。雲が幕屋を離れなかったのでエルサレムに帰ったこの州の人々はスコテ・ベノテを造り、大きい光に昼をつかさどらせた時になって腰に結んだ。みなぎりあふれる災の過ぎるとき、わたしを見つけたならば良かったでしょう。〔セラわたしは主がお与えになりました』と」。主なる神である憎むべき者である、自分のむすこのうちの上座にすわらせた。わたしはあわれみ深いからである、人を祝福されます。ごらんなさい。わたしとわらべは向こうへ行って一つを礼拝し、その知恵はすぐれていることであろう、『酒つぼに、みな酒が満ちる』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる