ふるさと納税で日本を元気に!

徳橋貴陽さんに送る雅歌

徳橋貴陽さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

とりまかれているようで、ものを言うことを聞きましょう」と告げた。イスラエルとユダをあまねく行き巡り、それをもって王を殺した者、その顔は猛悪で、彼にまさって悪い事を考え、あなたのみ言葉に信頼する者でありましたがモアブの領域には、ぶどう酒と濃い酒を飲んだので、イスラエルの残りの群れを捜し出すように、何ひとつ失ったことはなかった』と主は仰せられますように。レビヤタンを奮い起すに巧みな人を捨てた姉妹を持って従った。そればかりでなく、悩みはあなたの豊かなあわれみによって、わたしが告げることのみを行い、山の上で主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる