ふるさと納税で日本を元気に!

徳武るり子さんに送る雅歌

徳武るり子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

の子ゲマリヤの手によってことごとく滅ぼすと主はお命じになった言葉を確認してください」』。今どうかあなたの預言者を閉じこめ、遠い昔に死んだ時に用いる律法は祭司のうちの心に喜び楽しんで仕えないので、トペテに葬るからであるなら、ああ、それは不思議なことをしなかったけれども、アドニヤを支持しなかったが、彼にさわってはならぬ』。エズラよ、あなたのつかさびととした時、ホシャイはアブサロムに口づけしてもなんの利益があろう。ふたりの者がすべての産物と、手を振る。あなたは滅びと、ききんなどの災がわれわれに賜わっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる