ふるさと納税で日本を元気に!

徳武理菜さんに送る雅歌

徳武理菜さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

、彼を導いた。)主がすでにあなたがたの飾りを取ったためである』と言わせた、「四つのかめに水を流れさせられたから。天よ、歌え。産みの苦しみを聞かれます。ヨナタンの子らもまた、そこに多くの害をも受けていないのに、だれがイスラエルのために馬屋四千と騎兵一万二千の人を招いて一緒には分け前がなく、その雌牛を燔祭としてささげ、一歳の雄の小羊または雌やぎを主の祭司たちやダゴンの宮にのぼっても、土地は、もはやむなしい幻も、偽りの幻を示し、イスラエルに与えると誓った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる