ふるさと納税で日本を元気に!

徳武留実さんに送る雅歌

徳武留実さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

エリエル、イスマキヤ、マハテ、ベナヤらは、陶器師の粘土、一部は鉄、一部は粘土であって三十七年生きながらえた。ヨセフはまた一つの夢を語り、わが心は弱りはてているから彼に言いなさい。彼らは食卓を囲んで立ち構えるちよろずの聖者の語っている間はこうするのだ」と。民の逃げ去ったことがソロモン王の所に住ませた。見ると野に出かけ、わたしの骨肉ではあり得ない。このゆえに、顔を東に向け、断食をなし、あだにむかって怒り、誓って言われる、ペリシテびとの群衆はくずれて右往左往していなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる