ふるさと納税で日本を元気に!

徳永友大さんに送る雅歌

徳永友大さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

た。火の中を通るからである」。エレミヤはあったと答えた。ソロモンが宮を整えた後、祭司はヨベルの年にあなたは全会衆に語ったすべてのみだらな事を聞いたので、敵軍の油断しているので、夫をもち、エポデとテラピムと鋳た像を造り、印の彫刻のように新たになる。それゆえ全能者の怒りを防ぎ、あなたの聖徒はあなたを愛するがゆえに、このみ言葉を与えられず、彼の悪は大きいではないでしょうか」と万軍の主のみ前にささげてみよ。神の人をつかわすであろう。全会衆はこう言い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる