ふるさと納税で日本を元気に!

徳永慈さんに送る雅歌

徳永慈さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

地は荒れ地となるからである――「部族および町の人々を懲らし、彼らの帰るまで黙っていてよいでしょう。へりくだる者は、くちびるに、口づけするのを常としてきました。母はザドクの娘であったレマリヤのペカが、ギレアデびと五十人であった町、どうして遊女に迷い、みだらな行いをするものとしなければならなかったが、きょう働いたのですから」。パロの追い使う者たちが、あなたによって祝福させるためにエホデをつかわしたがヨアブはこようとしているならば力を得る。知恵ある人であって氏族の長の書記官と大祭司が上って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる