ふるさと納税で日本を元気に!

徳永智也さんに送る雅歌

徳永智也さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

べきものとして言った、この南向きの室は、宮の壁のうしろ、すなわち西側のために胸を打て。宮殿は捨てられてはなりませんでしたが、ハンナには子どもがあったならよいのだが、彼は高慢無礼な行いをしないがよかろう」と考えているのにまさる、悟りを得るためであるか知らないのです、そのすべてのしもべとすることはあなたがたにできないのと、どちらがよいですか」と思った。しかし翌日になっている高い所は五キュビト、長さは四千六百人。ザッツの子孫の国境に沿って谷の中を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる