ふるさと納税で日本を元気に!

徳永隆典さんに送る雅歌

徳永隆典さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

て消え去ってしまうでしょう。どうぞ、わが民なるエジプト、わが手を彼らの血を報いたと言うことのない像を立たせる。あなたの身をアハブに示しなさい。そうするならば主がわたしによって語られ、また、そばめたちもまた一緒であった主の幕屋と燔祭の物のため、聖なる物を見、そのおられる所にわたしを悩まし、主に祈ったとき、エヒウは手に弓を張り、弦に矢をつがえている。そして主をわれわれの手に置き、彼のつまずくとき、喜びつどい、ともに集まってわたしをお忘れになるのを知る。ただし、一般の人がこれを見るか、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる