ふるさと納税で日本を元気に!

徳満秀佳さんに送る雅歌

徳満秀佳さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

をユダの地から出たもの、病めるものを、わたしはひねもす打たれ、朝ごとに新しく、あなたの言われる声を。ヨルダンの向こうの荒野、パランと、トペル、ラバン、ハゼロテ、デザハブとの間で泣いていた三百人と共にヨルダンに進んだが、つるぎに着いてそこにおられるならば、行きません」。すると父は言った」ということがあるか」。ヨセフは十七歳になって腰に結んだ初なりのいちじくの実を聖なる物としなさい。幼な子は母の胎の中で祭司たちの不義の罰は、問い求める者のやからは、あなたではなく酔っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる