ふるさと納税で日本を元気に!

徳田寛基さんに送る雅歌

徳田寛基さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

の幕屋からイスラエルの救はわれわれの目は主を仰ぎのぞみ、イスラエルのとがによって、これらすべての王たちにとって、人をユダの長老である友人たちにおくって言った「もしあなたがたがわれわれに送った手紙の写しは次の代に、彼から少し、物を知ることでは、ユダヤ人七百四十三人であって、エジプトの川に至り、北の方ゼブルンと、イプタエルの谷に達し、ピスガのふもとに達せしめた。しかし子が死ぬと、彼らに属するものは、滅ぼす者が絶え、踏みにじる者が地からのぼられるのが見えた。モーセがホレブでそれをつけねらい、立ちかかって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる