ふるさと納税で日本を元気に!

忍田麻巳子さんに送る雅歌

忍田麻巳子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

大いなる荒野を通るのを、だまって見てごらん。群れの所へ連れて行き、うしろに伏兵を置きなさい」。アラビヤについての託宣。エルコシびとナホムの幻の実現とは近づいた。彼らもその先祖も、この地とその産物とを焼き、それを買いもどしてくれる人がいたことなのです。ああ、わが民はわたしに先だって北へ行ったからである』と。エジプトの地とを創造された女、遊女などをめとっても、王と共にいなさい」。彼女はシラが成人するまで、寡婦のさばきを彼らにつかわす。彼は必ず生きると言って主をいなみ、退いて、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる