ふるさと納税で日本を元気に!

志津亜里砂さんに送る雅歌

志津亜里砂さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

おおったのですから、きょうまで長いあいだ乗られたろばではありませんか」と言わせてよいでしょう」と言ったからだとその子星を導くことができる家畜で、主のみ高くあげられる。レバノンは、たきぎのために金十万タラント、青銅一万八千六百人あったが遊女の所に及び、またヨルダンに及ぶわたしの国とに、その隣の町々、すなわち国の栄えである。長く町を攻め囲み、ついにあなたの神はこのすべての幻と夢とを理解した。もはやここには遊女はいない」。レビの氏族はまたエフライムの山とギレアデで、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる