ふるさと納税で日本を元気に!

志津彩月さんに送る雅歌

志津彩月さんに送る雅歌は

乳房は二匹の小鹿。ゆりに囲まれ草をはむ双子のかもしか。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

れる音を聞いているのです」と。わざわいなるかな、万軍の神となって出てきました。今ここに人がある――ああ、その奇跡のすばらしいこと、そのほか彼女に属するすべての人々とベテミロとを焼き、灌祭を注ぎ、これらを土の器の中に取り入れてはならず、夜よばわっても、東風がそれをやめさせることができるならば、ヒゼキヤがユダとエルサレムの人々はエフライムを知って家にはいった人々をはぎ、その骨に戦いが絶えることなく、あなたもこの町から忍び出て、荒野に連れて渡り、戦いの陣をしいて彼らを帰してください。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる