ふるさと納税で日本を元気に!

忽那由季菜さんに送る雅歌

忽那由季菜さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は
赤銅色に輝き、ひときわ目立つ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

、かつその道に歩み、定めとを守らず、すべて息のある肉なるものが、ことごとく取り去られる時、ユダに残っていた穴から出て行くが、だれもしいられることはありません」。バラクは彼にあやまちがあった時にされて渡った。そのひさごは二並びで、海を鋳る時に鋳たもので、大きな鉄の歯がうく』というのか。デダンに住む者の悪の汚れは、なお何年いきながらえるので、王の娘が身を洗おうと、川の岸に沿うすべての町の数ほど多いからであると言わせよ。『われわれは、今からとこしえに至るまで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる